SILICONE NETWORK TANAC Co., Ltd.

製品名:HS-4

[製品概要]
HS-4は、シリコーンスリップコーティング材で、密着向上剤XC9603および硬化触媒YC6831との組み合わせで使用されます。EPDM、シリコーンゴムなど各種ゴム、各種繊維製品、合成皮革などの表面に、離型性、滑り性、耐摩耗性などに優れた弾性を有するシリコーン皮膜を形成します。溶剤タイプですので、スプレー、ディップ、ハケ塗り、フローなどの方法で塗布します。


データシート検索のため、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズのウェブサイトへ移動します。


 


旧データシートをダウンロード仕様変更の可能性があります。最新版はモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズの
ウェブサイトからダウンロードしてください。)

Copyright © TANAC Co.,Ltd. All Rights Reserved  


特 長
○ ドライな滑りを付与します。 ○ つや消しタイプです ○ HS-3に比べ、耐熱性に優れています。 ○ 離形性に優れ、固着を防止します。 ○ 基材の耐摩耗性を向上させます。 ○ 撥水性を付与します。


用 途
主な基材
○ シリコーンゴム、EPDM、クロロプレン、エピクロルヒドリンゴム、NBR、各種繊維、合成皮革、 紙

主な用途
○ ドアシール用ゴムの固着防止 ○ パッキン、ガスケットの粘着・固着防止 ○ シート用ゴムの撥水、滑り防止 ○ ゴムロール等の滑り性改良 ○ 摩耗部品の摩耗防止 ○ ゴム表面の汚れ防止 ○ 振動部品から発生するキシミ音の防止 ○ 冷凍機器のドアシールの凍結固着防止

特性例
項 目
HS-4
XC9603
YC6831
外観

白色溶液
淡黄色透明
淡黄色透明
粘度 (25℃)
mPa・s
350
-
-
比重 (25℃)

0.92
0.83
0.99
有効成分
%
30
30
37.5
不揮発分
%
30(150℃、1h)
14(105℃、2h)
27(105℃、3h)
溶 剤

キシレン
IPA
トルエン



被膜の特性
1. ガラス面に対する動摩擦係数 基材:ソリッドゴム材 被摩擦体:ガラス板













2. ガラス面に対する動摩擦係数 基材:スポンジ材 被摩擦体:ガラス板













00.511.52EPDMCRNBRウレタンシリコーン 動 摩 擦 係 数 未処理 HS-4 00.511.52EPDMCRNBRウレタンシリコーン 動 摩 擦 係 数 未処理 HS-4 3. PET面に対する動摩擦係数 基材:ソリッドゴム材 被摩擦体:PET フィルム













4. PET面に対する動摩擦係数 基材:スポンジゴム材 被摩擦体:PETフィルム













使用方法
1. 標準配合処方

重量部
HS-4 100
XC9603 50
YC6831 10
希釈溶媒 300

00.511.52EPDMCRNBRウレタンシリコーン 動 摩 擦 係 数 未処理 HS-4 00.511.52EPDMCRNBRウレタンシリコーン 動 摩 擦 係 数 未処理 HS-4 2. コーティング液の調製方法
上記の希釈溶媒およびHS-4を配合し、均一に撹拌します。次にXC9603、YC6831を別々に配 合し、均一に撹拌します。なお、希釈溶媒としては、トルエン、キシレン、n-ヘキサン、 MEK、IPA、イソパラフィン、ヘプタンなどを単独で、あるいはこれらの混合液を用いてく ださい。また、可使時間は約8時間ですので、調整したコーティング液はその日のうちに使 いきるようにしてください。

3. 塗布方法 スプレー、ディップ、フロー、ハケ塗り等の方法で塗布し、3分間風乾してください。




4. 加熱硬化条件 100℃で5〜10分、あるいは150℃で2〜5分、加熱硬化してください。




5. フローシート

基材洗浄(溶剤)

スプレー塗布(3往復)またはハケで塗布(適量)

風乾(25℃、3分間)

加熱硬化(熱風、オーブン)

取出し



使用上の注意
○ 標準配合処方と異なる配合組成でご使用の場合、可使時間が変わりますので、事前に確認し てご使用ください。 ○ 使用される基材の種類によっては、硬化しない場合あるいは密着しない場合がありますので 事前に確認してご使用ください。 ○ 長期間保存しますと液層が分離する場合がありますので、使用前に撹拌または、振とうして ご使用ください。 ○ エアゾールでご使用の時は、吸入しないよう十分注意してください。


取扱い上の注意
○ 取扱い時には、保護眼鏡および必要に応じて、保護手袋を着用してください。 ○ 引火性がありますので、火気のないところで取扱ってください。 ○ 局所排気装置を運転し、換気をよくして作業してください。


保 管
○ 直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所に保管してください。 ○ 子供の手の届かない所に保管してください。


消防法
○ HS-4 :危険物第4類第2石油類 ○ XC9603 :危険物第4類第1石油類 ○ YC6831 :危険物第4類第1石油類


荷姿および梱包
○ HS-4 :1kg金属缶(1ケース10P入り)、15kgペール缶 ○ XC9603 :500gガラスビン(1ケース10P入り) ○ YC6831 :100gガラスビン(1ケース20P入り)、500gガラスビン(1ケース10P入り)、1kg金属 缶(1ケース10P入り)



発行:2000年10月/改訂A2006年12月