SILICONE NETWORK TANAC Co., Ltd.

製品名:TSR160

[製品概要]
TSR160は、分子末端に水酸基(シラノール)をもち、有機樹脂のシリコーン変性用に使われるシリコーン中間体です。有機樹脂のアルコール性水酸基(C-OH)とシラノール(Si-OH)との脱水縮合反応で、シリコーン変性有機樹脂が得られます。アルキド樹脂、ポリエステル、エポキシ樹脂、アクリル樹脂などのシリコーン変性に使用されます。また、各種有機樹脂との相溶性に優れていますので、配合用としても使用されます。


データシート検索のため、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズのウェブサイトへ移動します。


 


旧データシートをダウンロード仕様変更の可能性があります。最新版はモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズの
ウェブサイトからダウンロードしてください。)

Copyright © TANAC Co.,Ltd. All Rights Reserved  


特 長
○変性することにより、樹脂の耐熱性、耐候性、光沢、電気特性等を改善します。 ○各種有機樹脂との相溶性に優れています。


用 途
○有機樹脂変性用


特性例
項 目
特性値
外観

淡黄色透明
比重 (25℃)

1.07
粘度 (25℃)
mPa・s{cP}
20{20}
不揮発分 (105℃,3h)
%
60
官能基

水酸基
官能基含有量
%
4.5
溶剤

キシレン



樹脂との相溶性
溶液状態および硬化後の塗膜状態での相溶性は以下のとおりです。
樹 脂
溶液
塗膜 (樹脂:TSR160*)
70:30
50:50
30:70
アルキド樹脂 油長30




アルキド樹脂 油長65




熱硬化性アクリル樹脂




ブチル化メラミン樹脂




エポキシ樹脂 (エピコート828)




エポキシ樹脂 (エピコート1001)
×〜○
×


エポキシエステル樹脂




フェノール樹脂




スチロ−ル樹脂
×
×
×
×


シリコーン TSR117




シリコーン TSR144




シリコーン TSR165




アクリル変性シリコーン TSR170




エポキシ変性シリコーン TSR194






注 溶液 ○:相溶する △:わずかに白濁する X:相分離する
塗膜 ○:透明 △:わずかに濁る X:不透明(白濁)
*:樹脂分としての配合割合
樹脂の種類、性状、重合度、溶剤、TSR160の配合量によっては相溶性が異なることがあり ますので、事前に確認試験をしてからお使いください。


使用方法
使用目的により、下記のように配合量を変えて使用してください。
使用目的
配合量(樹脂分として) %
効 果
耐熱仕上げ用
30以上
色焼けが少なくなる
耐候性改善用
20〜30
耐候寿命が2〜3倍向上
レベリング用
1〜5
刷毛さばきの改善




取扱い上の注意
○取扱い時には、保護眼鏡および必要に応じて保護手袋を使用してください。 ○引火性があるため、火気のない所で取扱ってください。 ○局所排気装置を運転し、換気をよくして作業してください。


保 管
○直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所に保管してください。
○子供の手の届かない所に保管してください。

荷姿・梱包
○1kg金属缶(1ケース10P入り) ○18kg石油缶 ○200kgドラム


消防法危険物
第4類第2石油類

発行:2000年10月/改訂@2002年5月、TSR160 J