SILICONE NETWORK TANAC Co., Ltd.

製品名:TSE3032(A)

[製品概要]
TSE3032は、透明な2成分加熱硬化型液状シリコーンゴムです。室温または短時間の低温加熱でゴム状に硬化します。


データシート検索のため、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズのウェブサイトへ移動します。


 


旧データシートをダウンロード仕様変更の可能性があります。最新版はモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズの
ウェブサイトからダウンロードしてください。)

Copyright © TANAC Co.,Ltd. All Rights Reserved  


特 長
○ 透明です。 ○ 低粘度、高強度です。 ○ 室温または短時間の低温加熱で硬化します。


用 途
○ 電気、電子、通信機器の防湿絶縁ポッティング ○ 光学部品のポッティング


特性例
硬化前 (JIS K 6249)
項 目
TSE3032(A)
TSE3032(B)
外観

淡黄色透明液状
透明液状
粘度 (23℃)
Pa・s{P}
4.2{42}
0.7{7}
配合比
重量部
100: 10
混合後粘度
Pa・s{P}
4.0{40}
作業可能時間* (23℃)
h
4


硬化後 (硬化条件:100℃、1h) (JIS K 6249)
項 目
特性値
外観

透明ゴム状
密度 (23℃)
g/cm3
1.02
硬さ (タイプA)

35
引張強さ
MPa{kgf/cm2}
4.5{46}
切断時伸び
%
210
屈折率* (nD25)

1.406
線膨張係数*
1/K
2.3×10-4
熱伝導率*
W/(m・K){cal/(cm・s・℃)}
0.17{4.1×10-4}
体積抵抗率
MΩ・m{Ω・cm}
2.0×107{2.0×1015}
絶縁破壊の強さ
kV/mm
21
比誘電率 (60Hz)

2.8
誘電正接 (60Hz)

0.001


* 社内試験法による
硬化性
温度 ℃
時間 h
70
4
100
1
150
0.25



使用方法
1. 清浄な容器に、(A)成分、(B)成分を量りとり、均一になるまで混合してください。(容器 は使用量の3〜4倍程度のものを用意してください) 2. 巻込んだ空気を、真空脱泡してください。 3. ワーク/部品に注入し、室温または乾燥機などで加熱硬化してください。


取扱い上の注意
○ 部品の表面は、その材質に適した溶剤などで油分や汚れを清掃し十分乾燥させてください。 ○ 水、イオウ、窒素化合物、有機金属塩、リン化合物などを含む表面では、硬化しないことが ありますので部品の一部で予備試験を行ってください。有機ゴム、ハンダフラックス、アミ ン硬化エポキシ樹脂、ワックス類、縮合型シリコーンゴムには特に注意してください。 ○ TSE3032(B)は、酸・アルカリと反応して水素ガスを発生しますので、接触させないようにし てください。 ○ 取扱い時には、保護眼鏡および必要に応じて保護手袋を着用してください。 ○ 換気のよい所で使用してください。


保 管
○ 直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所に保管してください。 ○ 子供の手の届かない所に保管してください。


荷姿・梱包
○ TSE3032(A):1kgポリビン(1ケース10P入り)、15kg石油缶 ○ TSE3032(B):100gガラスビン(1ケース20P入り)、500gガラスビン(1ケース10P入り)、15kg石 油缶


消防法
○ TSE3032(A):指定可燃物 可燃性液体類に該当 ○ TSE3032(B):危険物第4類第4石油類



発行:2000年12月/改訂A2004年8月、TSE3032 J