SILICONE NETWORK TANAC Co., Ltd.

製品名:TSR102

[製品概要]
TSR102は、クロス、チューブ用のシリコーンワニスです。触媒(CR-14)を使用することにより、130〜170℃の比較的低温で硬化します。硬化塗膜は、たわみ性、電気特性、耐熱性などに優れています。


データシート検索のため、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズのウェブサイトへ移動します。


 


旧データシートをダウンロード仕様変更の可能性があります。最新版はモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズの
ウェブサイトからダウンロードしてください。)

Copyright © TANAC Co.,Ltd. All Rights Reserved  


特 長
○CR14を触媒として使用すると、130〜170℃の比較的低温で硬化します。 ○硬化被膜はたわみ性、耐熱性、電気特性に優れています。


用 途
○シリコーンガラスクロス用 ○シリコーンガラスチューブ用 ○シリコーンガラスマイカ用


特性例 (JIS C 2122)
項 目
特性値
外観

淡黄色半透明
比重 (25℃)

1.02
粘度 (25℃)
mPa・s{cP}
100{100}
不揮発分 (105℃,3h)
%
55
酸価
KOH mg/g
2.1
塗膜厚さのつき方
(150℃,30min)
中央部
mm
0.031
下部
%
125
主溶剤

キシレン
希釈溶剤

キシレン、トルエン



被膜特性 (JIS C 2122)
項 目
特性値
加熱減量 (250℃,72h)
%
3.3
屈曲性 (250℃,3mm径)

400hで異常なし
低温屈曲性 (5℃,3mm径)

合格
耐溶剤性 (25℃,キシレン,60秒浸漬)

合格
耐熱性 (250℃,ガラスクロス)
h
1,800以上


硬化条件:TSR102の100重量部に対してCR14を4重量部添加し、150℃,30分硬化

電気特性 (JIS C 2122)
項 目
特性値
絶縁破壊の強さ
kV(0.1mm当たり)
常態
6.0
浸水後
6.9
体積抵抗率
Ω・cm
常態
1016以上
浸水後
1016以上
比誘電率(60Hz)
常態
3.29
浸水後
3.12
誘電正接(60Hz)
%
常態
0.55


硬化条件:TSR102の100重量部に対してCR14を4重量部添加し、150℃,30分硬化

体積抵抗率の温度特性
1101001000100002060100140180 温度 ℃ 体 積 抵 抗 率

比誘電率の温度特性(60Hz)
2.12.32.52.72.93.1050100150200 温度 ℃ 誘 電 率

Ω・cm 10121013101410151016


誘電正接の温度特性(60Hz)
01234050100150200 温度 ℃ 誘 電 正 接     %

硬化性
TSR102の硬化性を下に示します。 単位:h
硬化温度 ℃
触媒CR14添加量* g
3
4
5
170
0.5
0.5
0.5
150
1
0.5
0.5
130
2
1
1


*:TSR102の100gに対する添加量

使用上の注意
触媒CR14は強い触媒作用がありますので、粘度管理は十分に行ってください。粘度が上昇した 場合は、希釈溶剤(キシレンまたはトルエン)を用いて粘度が150〜200mPa・s(25℃)になるように 調整してください。なお、CR14を4重量部添加した場合のポットライフは、室温で約2週間です。

取扱い上の注意
○ 取扱い時には、保護眼鏡および必要に応じて保護手袋を着用してください。 ○ 引火性があるため、火気のない所で取扱ってください。 ○ 局所排気装置を運転し、換気をよくして作業してください。


保 管
○ 直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所に保管してください。 ○ 子供の手の届かない所に保管してください。




荷姿・梱包
○ 1kg金属缶(1ケース10P入り) ○ 18kg石油缶 ○ 200kgドラム


消防法
危険物第4類第2石油類


発行:2000年10月/改訂A2004年2月、TSR102 J