SILICONE NETWORK TANAC Co., Ltd.

製品名:TSR127B

[製品概要]
TSR127Bは、無煙マイカ板用メチルシリコーンワニスです。TSR127Bを使用したマイカ板は、とくに高温における発煙量が少ないことが特長です。触媒として触媒YC9103を使用します。


データシート検索のため、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズのウェブサイトへ移動します。


 


旧データシートをダウンロード仕様変更の可能性があります。最新版はモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズの
ウェブサイトからダウンロードしてください。)

Copyright © TANAC Co.,Ltd. All Rights Reserved  


特 長
○ TSR127Bを使用したマイカ板は、高温における発煙がほとんどありません。


用 途
○ マイカ接着用


特性例 (JIS C 2122)
項 目
特性値
外観
淡黄色透明
比重 (25℃)

1.04
粘度 (25℃)
mPa・s{cP}
13{13}
不揮発分 (105℃、3h)
%
50
触媒(YC9103)標準添加量
%
1.2
主溶剤

トルエン、イソプロパノール
希釈溶剤

トルエン、イソプロパノール



TSR127Bを使用したマイカ板の特性例
試験項目
特性値
硬質集成マイカ
軟質集成マイカ
厚さ*1
mm
0.532
0.500
密度*1
g/cm3
2.12
2.31
吸水率*2
%
0.11
0.23
曲げ強さ*2
MPa{kgf/cm2}
常態
2.34{23.9}
2.41{24.6}
浸水
1.95{19.9}
1.49{15.2}
体積抵抗率*2
Ω・cm
常態
4.8×1015
9.3×1014
浸水
1.4×1013
1.2×1013
絶縁破壊の強さ*3
kV/mm
47.5
53.5
耐アーク性*1
s
420<
420<
加熱減量*4
%
0.48
0.38
発煙性*5

ほとんどなし
ほとんどなし


*1:JIS C 2116 *2:JIS K 6911 *3:JIS C2110 *4:550℃、2h
*5:500Wヒーター線による着火試験
マイカ板作成方法の一例
1. 処理液の調整 処理液の標準的な組成を下に示します。



材 料
重量部
TSR127B
20.00
トルエン
62.50
イソプロパノール
16.70
YC9103
0.24


2. 塗布および乾燥 マイカ板に対してレジンが約10%付着するように処理液を塗布し、常温で30分風乾した後、 110℃で10分間乾燥させプリプレグとします。

3. プレスおよびポストキュア プリプレグを数枚重ねて、下図の条件でプレスをします。次に乾燥機を用いてプレスした製 品のポストキュアを行います(100℃から徐々に昇温して最終的には250℃で3時間)。















取扱い上の注意
○ 取扱い時には、保護眼鏡および必要に応じて保護手袋を着用してください。 ○ 引火性があるため、火気のない所で取扱ってください。 ○ 局所排気装置を運転し、換気をよくして作業してください。


保 管
○ 直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所に保管してください。 ○ 子供の手の届かない所に保管してください。

020406080100120140160180200220020406080 時間  min 温 度     ℃ プレス圧10〜15MPa ガス抜き数回 荷姿・梱包 ○ 1kg金属缶(1ケース10P入り) ○ 18kg石油缶 ○ 180kgドラム


消防法
危険物第4類第1石油類


発行:2000年10月/改訂A2005年9月、TSR127B J