SILICONE NETWORK TANAC Co., Ltd.

製品名:YC9336

[製品概要]
YC9336は、後塗装用コーティング材で、硬化したシリコーンシーリング材表面に塗布することにより、塗装仕上げが可能になります。


データシート検索のため、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズのウェブサイトへ移動します。


 


旧データシートをダウンロード仕様変更の可能性があります。最新版はモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズの
ウェブサイトからダウンロードしてください。)

Copyright © TANAC Co.,Ltd. All Rights Reserved  


特 長
○ シリコーンシーリング材の塗装仕上げを可能にします。


用 途
○ シリコーンシーリング材の後塗装用コーティング材


特性例
項 目
特性値
外観

灰白色
比重 (23℃)

1.16
粘度 (23℃)
mPa・S{cP}
1,600{1,600}
不揮発分 (150℃、1h)
%
50
溶剤

キシレン、トルエン
指触乾燥時間
5℃
h
6
15℃
h
4
25℃
h
2
35℃
h
1



使用方法
使用対象
シーリング材----トスシール361、トスシール10などトスシール全般。
塗装材弾性------アクリル系、弾性ウレタン系で下記の銘柄は弊社の試験で良好な結果を 得ています。ただし、同じ品名でも組成など一部変更することもありま すので、事前の確認は必要です。
品 名
種 類
メーカー名
サルコート
ウレタンゴム系
昭石化工(株)
キクスイ弾性リシン
アクリルゴム系
菊水化学工業(株)
アロンコート
アクリルゴム系
東亞合成(株)
プラスタロイ
アクリルゴム系
藤倉化成(株)
アクリトーン
アクリルゴム系
(株)菱光


施工法
1. YC9336は、シーリング材施工後4日以上経過後(冬季は7日以上)、柔らかいはけで均一に塗 布してください。使用量は、約400g/m2です。 2. シーリング材が完全硬化しないうちに塗布した場合には、シーリング材の表面にしわを生 じたり、シーリング材の溶解や硬化不良を起こしたりする原因となりますので注意してく ださい。 3. 塗装材は、YC9336が指触乾燥していることを確認してから、はけまたは吹き付けガンを用 いて塗布してください。なお、指触乾燥時間は特性例の数値を参考にしてください。 4. YC9336を塗布後、ごみなどが付着すると塗装材の接着性が阻害されるおそれがありますの で、2日以内に塗装材を塗布してください。


取扱い上の注意
○ 分離することがありますので、使用前によく振って使用してください。 ○ 塗装仕上げ材の種類も多く、銘柄により後塗装性が異なることがありますので、必ず事前に 確認してから使用してください。 ○ 水性塗料や低粘度の塗料は塗れません。 ○ 弾性のない仕上げ材を塗布した場合は、後日ひび割れ、ヘアークラックなどが発生すること がありますのでお奨めできません。 ○ 塗装材のはく離、クラックの発生など、意匠上の問題に対して弊社は一切の責任を負いかね ます。 ○ 取扱い時には、保護眼鏡および必要に応じて保護手袋を着用してください。


保 管
○ 直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所に保管してください。 ○ 子供の手の届かない所に保管してください。


荷姿・梱包
1kg金属缶(10P入り/ケース)

消防法
危険物第4類第2石油類

発行:2003年4月/改訂@2006年6月