SILICONE NETWORK TANAC Co., Ltd.

製品名:YR3232

[製品概要]
YR3224HおよびYR3232は、いずれも過酸化物が配合されたラジカル反応型のシリコーンワニスです。硬化が速く、硬化の際に水などの反応副生成物が発生しないので、低圧成形が可能です。また、シラノール縮合反応型ワニスとは異なり、ポストキュアを必要としません。


データシート検索のため、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズのウェブサイトへ移動します。


 


旧データシートをダウンロード仕様変更の可能性があります。最新版はモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズの
ウェブサイトからダウンロードしてください。)

Copyright © TANAC Co.,Ltd. All Rights Reserved  


特 長
○ 硬化が速く、低圧成形が可能です。 ○ ポストキュア不要です。 ○ YR3232は耐湿、耐水性に優れています。


用 途
○ YR3324H :ガラスクロス、ガラスロービングなどの積層用 ○ YR3232 :マイカ積層板用


特性例 (JIS C 2122*)
項 目
YR3224H
YR3232
外観

淡黄色
淡黄色
比重 (25℃)

1.05
1.05
粘度 (25℃)
mPa・s{cP}
45
55
不揮発分
%
60
60
溶剤

トルエン
トルエン


*1985-08-01廃止

YR3224H使用ガラス積層板の特性 (JIS C 2241*1)
項 目
シラノール縮合反応型*2
YR3224H*3
沿層耐電圧
kV
A
合格
35合格
D-48/50
合格
30合格
貫層破壊の強さ
kV/mm
A
-
20<
D-24/50
-
20<
絶縁抵抗
Ω
A
>1×1013
>1×1013
D-48/50
2×1010
>1×1013
体積抵抗率
Ω・cm
A
>1×1015
>1×1015
D-24/50
8×1014
1×1015
表面抵抗率
Ω
A
>1×1014
>1×1014
D-24/50
>1×1014
>1×1014



誘電率 (1MHz)
A
4.5
3.75
D-24/25
5.1
4.11
誘電正接 (1MHz)
A
0.002
0.0017
D-24/25
0.047
0.0142
曲げ強さ
MPa{kgf/mm2}
A
132{13.5}
153{15.6}
180℃
57{5.8}
57{5.8}
加熱減量 (E-24/250)
%
0.13
0.75
吸水率 (D-24/25)
%
0.12
0.03
耐キシレン性 (25℃、24h)

剥離せず
剥離せず
耐アーク性
s
>180
>180
へき開値
kN{kgf}
A
3.1{320}
3.7{380}
180℃
1.1{113}
1.5{150}


注) *1:1994-12-01廃止
*2:ガラスクロスWE18GB(日東紡)、樹脂付着量38%、200℃,16hアフターキュア
*3:ガラスクロスWE18GBA(日東紡)、樹脂付着量35%、アフターキュアなし
項目の処理条件
A:常態、無処理 D:恒温の蒸留水に浸漬して処理 E:恒温の空気中で処理
最初の数字:処理時間 2番目の数字:処理温度
試料厚み:耐アーク性とへき開値は13mm、その他1.3mm
成形条件:13mm厚は180℃,1.2MPa,2h、1.3mm厚は180℃,1.2MPa,1h

積層板の作成方法および注意事項
ガラスクロスの選択
脱サイズした無アルカリガラスクロスの使用も可能ですが、ビニルシラン処理したガラスクロ スの使用をおすすめします。下に、両ガラスクロスをYR3224Hで処理した場合の特性を示します。
(JIS C 2241)
項 目
WE18GBA(日東紡)
(ビニルシラン処理)
WE18GB(日東紡)
(ヒートクリーニング処理)
プレス後
250℃,24h
プレス後
250℃,24h
沿層耐電圧
kV
A
35合格
35合格
35合格
35合格
D-48/50
30合格
30合格
16破壊
16破壊
貫層破壊の強さ
kV/mm
A
20<
19.0
20<
11.9
D-48/50
20<
13.0
17.0
9.7
絶縁抵抗
Ω
A
>1×1013
>1×1013
>1×1013
>1×1013
D-48/50
>1×1013
>1×1013
1.9×108
1.2×108
体積抵抗率
Ω・cm
A
>3×1015
>3×1015
>3×1015
>3×1015
D-24/50
2.0×1015
1.1×1015
2.6×1010
7.8×1010




表面抵抗率
Ω
A
>1×1014
>1×1014
>1×1014
>1×1014
D-24/50
>1×1014
>1×1014
4.7×109
1.3×109
比誘電率 (1MHz)
A
3.75
3.83
3.80
3.82
D-24/25
4.11
4.01
測定できず
測定できず
誘電正接 (1MHz)
A
0.0017
0.0019
0.0020
0.0017
D-24/25
0.0142
0.0150
0.1<
0.1<
曲げ強さ
MPa
A
153
172
126
154
180℃
53
85
40
73
加熱減量 (E-24/250)
%
0.75
0.26
0.75
0.34
吸水率 (D-24/25)
%
0.029
0.083
0.07
0.19
耐キシレン性 (25℃、24h)

剥離せず
剥離せず
剥離せず
剥離せず
耐アーク性
s
>180
>180
-
-
へき開値
kN
A
3.7
3.8
-
-
180℃
1.5
1.7
-
-


注) 試料厚み:耐アーク性とへき開値は13mm、その他1.3mm
成形条件:13mm厚は180℃,1.2MPa,2h、1.3mm厚は180℃,1.2MPa,1h

処理液の調整
所望の樹脂付着量が得られるように、トルエンで希釈してください。

予備乾燥
予備乾燥は単に溶剤を揮発させるだけの工程で、シラノール縮合反応型のようにフローゲル化 特性の調整はできません。標準予備燥条件は以下のとおりです。なお、150℃以上になりますと 配合してある過酸化物が揮発しますので、150℃以下で行ってください。
予備乾燥温度 ℃
時間 min
80〜90
20
100〜110
10
120〜130
5
150
2以下



成形条件
積層品の厚さ、積層方法などにより異なりますが、プレス成形は160〜190℃が可能温度範囲で、 5分〜2時間で行うことができます。160℃以下では長時間プレスしても硬化が不十分です。また、 190℃近くの温度やそれ以上の温度では極めて短時間で硬化するので、特殊な用途や成形法に工 夫をした場合には使用できますが、一般におすすめできません。
プレス条件と積層板の特性の関係を下表に示します。

(JIS C 2241)
項 目
成形条件 (180℃)
5min
10min
15min
20min
沿層耐電圧
kV
A
35合格
35合格
35合格
35合格
D-48/50
20合格
20合格
20合格
20合格
貫層破壊の強さ
kV/mm
A
>20
>20
>20
>20
D-48/50
>20
>20
>20
>20
絶縁抵抗
Ω
A
>1×1013
>1×1013
>1×1013
>1×1013
D-48/50
4.0×1012
>1×1013
>1×1013
>1×1013
体積抵抗率
Ω・cm
A
>1×1014
>1×1014
>1×1014
>1×1014
D-48/50
>1×1014
>1×1014
>1×1014
>1×1014
表面抵抗率
Ω
A
>1×1014
>1×1014
>1×1014
>1×1014
D-48/50
>1×1014
>1×1014
>1×1014
>1×1014
比誘電率 (1MHz)
A
3.90
3.82
3.72
3.84
D-24/25
4.42
4.20
4.15
4.08
誘電正接 (1MHz)
A
0.0032
0.0022
0.0022
0.0021
D-24/25
0.0189
0.0166
0.0153
0.0148
曲げ強さ
MPa
25℃
151
144
157
149
180℃
44
51
52
57
加熱減量 (E-24/250)
%
0.817
0.771
0.788
0.759
吸水率 (D-24/25)
%
0.017
0.028
0.024
0.033
耐キシレン性 (25℃、24h)
h

1
1
1


注) ガラスクロス :WE18GBA(日東紡製)
成形条件 :クロス7枚重ね。1.2MPaで各時間成形後熱時取り出し

熱処理
プレス成形だけで積層板としての十分な特性は得られますが、熱処理(アフターキュア)を行う と、下表に示すようにより優れた特性が得られます。また、プレス後に残るにおいの除去もで きます。
項 目
アフターキュア条件
なし
200℃
250℃
24h
1h
4h
8h
16h
24h
貫層破壊の強さ
kV/mm
A
>20
>20
>20
>20
>20
>20
19.3
D-24/25
>20
>20
>20
>20
>20
>20
13.0
曲げ強さ
MPa
A
153
160
157
163
166
168
172
180℃
53
64
57
64
71
84
85
加熱減量 (E-24/250)
%
0.75
0.33
0.41
0.32
0.28
0.24
0.26
アフターキュア時の加熱減量
%
-
0.47
0.37
0.49
-
0.67
0.75
吸水率 (D-24/25)
%
0.029
0.051
0.051
0.055
0.053
0.072
0.083


成形条件 :クロス8枚重ね。180℃1.2MPa,60分で成形後熱時取り出し

取扱い上の注意
○ 取扱い時には、保護眼鏡および必要に応じて保護手袋を使用してください。 ○ 引火性があるため、火気のない所で取扱ってください。 ○ 局所排気装置を運転し、換気をよくして作業してください。


保 管
○ 直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所に保管してください。 ○ 子供の手の届かない所に保管してください。


荷姿・梱包
○ YR3224H :18kg石油缶、200kgドラム ○ YR3232 :18kg石油缶


消防法危険物
○ YR3224H :第4類第1石油類 ○ YR3232 :第4類第1石油類



発行:2000年10月/改訂A2008年9月