SILICONE NETWORK TANAC Co., Ltd.

製品名:YR3340

[製品概要]
YR3286、YR3340は、淡黄色液状のメチル系シリコーン粘着剤です。耐熱性、耐寒性、電気絶縁性などに優れています。シリコーンレジン・ゴム処理ガラスクロス、フッ素樹脂、ポリイミド、ポリエステル、アルミ箔などを基材とした耐熱性粘着テープの粘着剤に最適です。YR3286は常温で粘着性のない熱圧着タイプです。YR3340は常温で粘着性に優れている常温圧着タイプです。混合して使用することもできます。


データシート検索のため、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズのウェブサイトへ移動します。


 


旧データシートをダウンロード仕様変更の可能性があります。最新版はモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズの
ウェブサイトからダウンロードしてください。)

Copyright © TANAC Co.,Ltd. All Rights Reserved  


特 長
○ YR3286とYR3340を混合することにより、粘着力・せん断力の調整ができます。 ○ 過酸化物を使用することにより、耐熱性をさらに向上させることができます。 ○ フッ素樹脂、ポリイミド、シリコーンなどにもよく粘着します。


用 途
○粘着テープ(フッ素樹脂テープ、ポリイミドテープ、金属テープなど)
○各種ラミネートフィルムの粘着剤

特性例
硬化前
項 目
YR3286
YR3340
外観

淡黄色半透明液状
淡黄色透明液状
粘度 (23℃)
Pa・s{P}
2.5{25}
13.5{135}
不揮発分
%
50
40
比重(25℃)

0.98
0.97
溶剤

キシレン
トルエン/キシレン


乾燥後の粘着特性(乾燥条件;150℃/10分)
項 目
YR3286
YR3340
180度ひきはがし粘着力
N/cm{kgf/cm}
8.8{0.90}
6.6{0.67}
せん断力
MPa{kgf/cm2}
0.59{6.0}
0.41{4.2}


JIS C2107準拠 基材 :ポリエステルフィルム
被着体 :ステンレス
シリコーン厚み :55μm




混合品の粘着特性(乾燥後*1)
YR3286/YR3340混合比(重量部)
粘着力*2 N/cm{kgf/cm}
せん断力 MPa{kgf/cm2}
100/0
8.8{0.90}
0.59{6.0}
80/20
10.8{1.10}
0.56{5.7}
60/40
10.8{1.10}
0.53{5.4}
40/60
9.8{1.00}
0.48{4.9}
20/80
8.3{0.85}
0.45{4.6}
0/100
6.6{0.67}
0.41{4.2}


*1) 乾燥条件;150℃/10分 *2) 粘着力引きはがし角度:180度

塗膜厚みと粘着力(乾燥後*1)
厚み μ
粘着力*2 N/cm{kgf/cm}
YR3286
YR3340
30
5.9{0.60}
4.4{0.45}
50
8.8{0.90}
6.4{0.65}
70
11.8{1.20}
8.8{0.90}
90
15.2{1.55}
11.3{1.15}


*1) 乾燥条件;150℃/10分 *2) 粘着力引きはがし角度:180度

各種被着体による粘着特性(乾燥後)
被着体
ポリイミド
フッ素樹脂
ポリエステル
ステンレス
基材
ポリイミド
フッ素樹脂
ポリエステル
ポリイミド
YR3286
粘着力*1
N/cm{kgf/cm}
10.0{1.02}
1.0{0.10}
10.6{1.08}
6.3{0.64}
せん断力
MPa{kgf/cm2}
0.59{6.0}
―*2
0.57{5.8}
0.57{5.8}
YR3340
粘着力*1
N/cm{kgf/cm}
7.5{0.76}
4.3{0.44}
7.9{0.80}
3.9{0.40}
せん断力
MPa{kgf/cm2}
0.29{3.0}
―*2
0.37{3.8}
0.45{4.6}


150℃,10分予備乾燥後、被着体と基材を貼り合わせて150℃,15分、2N/cm2で圧着。
シリコーン厚み:55μm。
*1)粘着力引きはがし角度:180度 *2)フィルム切れにより測定不能

電気特性(乾燥後)
項 目
YR3286
YR3340
常態
高湿後*
常態
高湿後*
絶縁破壊の強さ kV/0.1mm
6.5
6.3
6.0
5.8
体積抵抗率 Ω・cm
5.0×1015
4.5×1015
2.2×1015
2.0×1015
誘電率
60Hz
3.0
3.0
3.1
3.1
1MHz
2.9
3.0
3.1
3.2
誘電正接
60Hz
0.003
0.003
0.003
0.003
1MHz
0.003
0.003
0.004
0.004


JIS C2122準拠 試験塗膜:二度塗り後150℃,30分 + 250℃,10分
* 25℃/96%RH,96時間

粘着特性*1 (過酸化物硬化後)
項 目
YR3286
YR3340
過酸化物配合比*2
重量部
1.0
0.8
粘着力*3
N/25mm{kgf/25mm }
19.6{2.00}
5.9{0.60}
ボールタック*4
(ボールナンバー)
0
32
保持力*5
h
600以上
600以上


*1測定条件 JIS Z 0237 準拠
硬化条件 ;90℃/2分 + 165℃/2分
基材 ;50μ厚ポリイミドフィルム(カプトン)
粘着剤塗工量 ;40g/m2 (厚み:40μm)
*2 BPO(過酸化ベンゾイル) 主剤 100重量部あたり
*3粘着力 引きはがし角度 ;180度
*4ボールタック 傾斜板角度 ;30度
*5保持力 時間 ;落下するまでの時間
測定温度 ;200℃
荷重 ;1kg

使用方法
1. 粘着剤の調整;YR3286,YR3340を混合して使用する場合、機械を使用し10分以上混合して ください。溶剤希釈する場合はトルエン、キシレンが適しています。 2. 触媒添加;使用温度が45℃以上の場合やせん断力が要求される場合は触媒を使用してくだ さい。触媒としては過酸化ベンゾイル(BPO)を使用します。添加量は主剤の不揮発分に対 し0.5〜3.0%です。 3. 混合;十分混合してください。また混合時に泡を巻込んだ場合、脱泡してください。 4. 塗布;基材にバーコーターなどで塗布してください。 5. 溶剤乾燥;触媒使用時は90℃以下の温度で乾燥してください。 6. 加熱処理;150〜170℃で5〜15分加熱してください。 7. 貼り付け;YR3286は被着体に熱圧着(例 70〜90℃、0.3〜0.4 MPa(3〜4kgf/cm2))してくださ い。タックのあるYR3340は、被着体に軽く圧着して貼り付けてください。





使用時の注意
○ 引火性があるため、火気のないところで取り扱ってください。 ○ 取扱い時には、保護眼鏡および必要に応じて保護手袋を着用してください。 ○ 局所排気装置を運転し、換気をよくしてご使用ください。


保管上の注意
○ 直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所に保管してください。 ○ 子供の手の届かない所に保管してください。


荷姿・梱包および消防法分類
品名
荷姿・梱包
消防法分類
YR3340
1kg(1ケース10P入り)、17kg
危険物第4類第1石油類
YR3286
1kg(1ケース10P入り)、17kg
危険物第4類第2石油類




発行:2000年12月/改訂@2001年11月、YR3286,YR3340 J